BeautyLooking 美容の進むべき場所を見つめる。美容整形、美容外科(豊胸・脂肪吸引・二重まぶた)

TOP > 美容整形 > 美容外科 > 脂肪吸引

脂肪吸引について

痩せるという事に対して関心が高い現在においては、いろんな痩身術が開発されています。

その中でもダイエットはメジャーな痩身術の一つです。その他にも近年注目されている脂肪吸引があります。今回はこれらを比較してみたいと思います。

ダイエットの特徴は、自分の生活などに合わせて行う事ができ、安全性が高いですが、効果が出しにくいという事が考えられます。

それとは反対に脂肪吸引を利用すると効果は実感しやすいですが、逆に手術を行うのでリスクは高まってしまいます。

痩せたいなと思った時にどちらの方法を利用するのかをよく考えてみましょう。特に手術を行った後は元に戻らない事もあります。

病院の選び方

脂肪吸引手術を受けるにあたり、色々な不安や疑問を感じる方もいらっしゃると思います。不安をできるだけ軽減できるような病院を選ぶといいと思います。

病気治療にも活用される脂肪吸引

脂肪吸引と聞くと、美容整形のクリニックなどで行う痩身の施術法や、吸引した自分の脂肪を活用できる豊胸術を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、それだけだはなく、時には病気の治療に使われることもあります。例えば、最近注目されているものとしては、乳がんを摘出する治療を受けた患者への脂肪注入です。

乳房を取り除いてしまった患者の乳房を再建する施術で、美容整形の豊胸術と同様に自分の腹や太ももなどの脂肪を吸引し、乳房に入れて形を整えていきます。1回で完了するわけではなく、何度か施術する必要がありますが、自分の脂肪を使う安心感や、比較的短い時間で施術が終わることから、負担が少なくて済む方法です。

美容整形脂肪吸引であるかもしれない!?トラブル

全身麻酔を使用して、内臓の近くにまで器具を入れる脂肪吸引の美容整形は、一気に自分の理想のラインを作ることができるというメリットに伴ってトラブルやデメリットも存在します。最悪のケースですと内臓に脂肪吸引の器具が勢いあまって刺さってしまいその衝撃で出血多量で亡くなってしまった人がいるというケースです。

万が一内臓に傷がつくようなことがあれば一生残る傷になってしまいます。外に見えない所ですが生命にかかわってきます。それもあり吸引をする時には医師の腕がかなり重要になっており、あまりにも安く、医師の腕に不安があるような所は避けた方が無難でしょう。

美容整形で脂肪吸引、痩せるぞ!

冬が過ぎ、夏が近づいてくるにつれて痩せたいと思ったり、痩せる努力を実際にするのは少なくありません。夏になると、薄着になったり水着を着ることもあるので、そう感じるのでしょう。すぐに痩せたという実感したいなら、美容整形で脂肪吸引術を受けるといいでしょう。

特殊なvaserという超音波を使った施術では、吸引した部分の皮膚が引き締められるのでたるみません。約1週間後に抜糸をした後は、数回通院すれば完了です。メスを使わないので、出血、腫れ、痛みが最小限に抑えられます。吸引した脂肪を豊胸術に使うこともできます。

意外と増えている脂肪吸引する男性

脂肪吸引と言えば女性がするものというイメージが強いかもしれませんが、男性でも脂肪吸引のため美容整形に通う方も多くなってきています。ただやはり女性向けのサービスが多い事と、女性と男性では脂肪のつき方が違うため、注意は必要です。

そもそも脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類あり、この場合吸引できる脂肪は皮下脂肪になりますので、内臓脂肪でお悩みの男性が効果を感じられるという事はほぼほぼ無いと言えるでしょう。吸引を考えて男性が悩んでいるのはやはりお腹の脂肪でしょうから、実際に効果を感じられるかどうかの見極めも重要と言えます。

脂肪吸引関連

MENU

TOP 脱毛 脂肪吸引 豊胸 鼻整形・隆鼻 二重整形 美容整形 美容外科